『体験型農園の開設・運営の手引き』の改訂

JA全中では、「体験型農園の解説・運営の手引き(改訂版)」を2月に発行した。
平成28年9月に「体験型農園の開設・運営の手引き」(手引き初版)、翌年11月に「体験型農園の普及と改善 実践虎の巻」を発行し、それ以降、JAが運営または関与する体験型農園が複数開設されてきたが、利用者の獲得や運営効率、期待される効果の発揮といった運営上の課題が見られ、これらの課題に対して有効な方策を打ち出す必要があることから、調査や検討を重ねてきた。今回その成果を、改訂版手引きとしてとりまとめたので、そのポイントを紹介する。

《手引きの構成》
1章 体験型農園の意義と方針
 1)体験型農園の意義
 2)JAグループの体験型農園の位置付けと取組方針
 3)体験型農園の定義
2章 体験型農園の類型と提供サービス
 1)体験型農園の標準サービス
 2)想定ユーザー層による類型
 3)主体及び貸借制度による類型
 4)地域による類型
3章 開設の流れと留意点
 1)園主候補者・農園候補地選定
 2)整備・運営プランの作成
 3)栽培指導等の運営準備
 4)農園・施設等工事
4章 運営の流れと留意点
 1)運営の流れ
 2)利用者の募集
 3)利用者説明会・契約
 4)作付計画
 5)栽培講習会・栽培指導
 6)交流イベント
5章 主な運営上の課題と改善方策
 1)利用者獲得方策
 2)効果的・効率的な運営
 3)体験型農園の効果向上
6章 参考資料

1章.体験型農園の意義と方針

1)体験型農園の意義

農業の将来に対する危機感や持続可能な社会の実現、成熟社会における人々の価値観と行動変容といった社会的な背景のもと、農業者と消費者が価値観を共有する必要がある中で、体験型農園が大きな役割を果たすものとして期待されている。
このような社会的な背景のもと、体験型農園に取り組むことは、農家やJA、地域住民等利用者それぞれにとって大きな意義があり、具体的には次のようなものが挙げられる(図表1)。

2)JAグループの体験型農園の位置付けと取組方針

JAグループでは平成28年に体験型農園の普及に向けた取組方針を決定し、農家主体及びJA主体の体験型農園の普及に取り組むとした(図表2)。

3)体験型農園の定義

JAグループでは体験型農園の定義として、以下の3つの要件を満たすものとしている(図表3)。

図表1 体験型農園の意義

農家にとってJAにとって地域住民等利用者にとって
・農業者の所得増大
・労働負荷の軽減と営農継続
・農業に対するやりがい醸成
・農地の保全と有効活用
・地域住民の農業理解の醸成
・メンバーシップの強化・地域農業振興の応援団づくり
・新たな担い手の確保・育成
・JAの経営基盤の維持
・より気軽に参加できる農業体験の場
・優れた食農教育の場
・多様な“農”の価値の享受
・コロナ禍による変化・ニーズ

図表2 体験型農園の普及に向けたJAグループの取組方針(平成28年8月)

農業者の所得増大および農業振興の応援団づくり等に向けたJA自己改革の一環として、地域の実情を踏まえて従来の市民農園を発展させ、栽培指導などの各種サービスを充実させた「体験型農園」の普及に取組む。
①JAは、農家組合員が農業経営の一環として行う体験型農園の開設・運営を促すため、情報提供等を行う。また、必要に応じて開設・利用者募集・代金回収等の支援を行う。
②JAは、高齢化などで農家が主体となって運営できない場合、自ら体験型農園の運営を行う。

図表3 体験型農園の定義

■要件1:定期的な栽培指導や収穫体験を行う
定期的に栽培講習会や収穫イベントを開催するなど、年間を通した食や農に関する体験を行う。
■要件2:農作業に必要件な設備や農具を設置し、種苗や資材を提供する
農作業をするために必要な給水等の設備や農具を設置し、種苗や肥料・農薬その他の生産資材を提供する。
■要件3:利用者の交流イベントを行う
利用者同士の交流や、多様な食や農に関するイベントを行う。