体験型農園の開設・運営の手引きー改訂版ー

2022年2月、JA全中は、弊社代表畠が執筆した「体験型農園の解説・運営の手引き(改訂版)」を発行しました。

2016年9月に「体験型農園の開設・運営の手引き」(手引き初版)、翌年11月に「体験型農園の普及と改善 実践虎の巻」を発行し、それ以降、JAが運営または関与する体験型農園が複数開設されてきましたが、利用者の獲得や運営効率、期待される効果の発揮といった運営上の課題が見られ、これらの課題に対して有効な方策を打ち出す必要があることから、調査や検討を重ねてきました。今回その成果を、改訂版手引きとしてとりまとめました。

※本冊子は、JA全中が発行し、県中央会及びJAに配布されたもので、販売はしておりません。

改訂版手引きの内容についてはこちら

手引きの構成

1章 体験型農園の意義と方針
 1)体験型農園の意義
 2)JAグループの体験型農園の位置付けと取組方針
 3)体験型農園の定義
2章 体験型農園の類型と提供サービス
 1)体験型農園の標準サービス
 2)想定ユーザー層による類型
 3)主体及び貸借制度による類型
 4)地域による類型
3章 開設の流れと留意点
 1)園主候補者・農園候補地選定
 2)整備・運営プランの作成
 3)栽培指導等の運営準備
 4)農園・施設等工事
4章 運営の流れと留意点
 1)運営の流れ
 2)利用者の募集
 3)利用者説明会・契約
 4)作付計画
 5)栽培講習会・栽培指導
 6)交流イベント
5章 主な運営上の課題と改善方策
 1)利用者獲得方策
 2)効果的・効率的な運営
 3) 体験型農園の効果向上
6章 参考資料